TOP

facebooktwitter
お問い合わせiPledge概要

学ぶ 活動する サポートする
はじめての方へ
だれもが輝きながら挑戦できる社会をつくりたい。
決意をもって社会に参加する人を応援したい。こんな想いから、2014年2月、iPledgeは生まれました。



13〜29歳の日本人のうち、3人に1人が「自分の将来に希望が持てない」

平成26年6月に内閣府が発表した「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査(※)」。
これは、日本、韓国、アメリカ、英国、ドイツ、フランス、スウェーデン、計7カ国の
13歳から29歳の若者を対象に行われた質問への回答をもとに、日本の若者の意識や特徴を分析したものです。



本気になれるものがあると、若者は輝きはじめる。

こういう数字を見ると、「だから最近の日本の若者は・・・」と言う人がいます。
しかし、私たちiPledgeは、そう思いません。

こんなデータがあります。
自分自身に満足している人の10人に8人が、自分の将来に希望を見出している。

「私はあそこに向かって、いま動いているんだ!」
本気になれるものができると、人は輝き出す。
そんな場面を、わたしたちはたくさん見てきました。

だから私たちが、エールを送ろう。

若者1人1人という『個人』に働きかけ、自信を持って本気で動き出すための背中押しをしたい。
社会という『しくみ』に働きかけ、だれもが挑戦しやすく、
その挑戦を必要とする人々とつながることができる環境をつくりあげたい。

若者の本気を、本気で応援する。

それが、私たちiPledgeの決意です。

iPledgeが目指すもの

Pledgeという言葉は、「誓約する、誓う、固い約束」という意味です。

若者が活動や社会に対して、熱意を持った「宣誓」が生まれる場を作っていきたい。
そんな想いを込め、「iPledge」と命名しました。

iPledgeは、持続可能な未来に向けて、
次世代を担うワカモノが、課題解決に自ら参加する。
そんな社会を目指します。

いまも、多くのワカモノが、輝きながら本気で社会に働きかけています。
しかし、彼らや彼女らは、はじめから輝いていたのでしょうか。

「日本はどうなるんだろう」「どうせ社会は変わらない」
そんなワカモノが変わるのは、様々な価値観と情熱を持った仲間と出会う場。
いまの社会や未来の問題とのつながりに気づくとき。

その瞬間、ワカモノは未来をつくるのは自分たちだ!
と強く自覚し、社会に対して動き出します。

不安と諦めが、いつしか自信と誇りに変わる。
"特別な誰か"ではなく、誰もが輝ける。

ワカモノが、決意を持って、参加すること。
その1歩が、ここにあります。

ロゴについて

ロゴのモチーフは、若葉。
持続可能な社会に必要な“自然と環境”と”ワカモノの成長”を、
緩やかな右上がりのラインとともに表現しました。



学ぶ 活動する サポートする